ヒプノセラピーとは

【hypnosis=催眠とは?】

うとうとと、眠りに入る直前の状態のことです。
人は日常生活でも毎日催眠状態に入っています。
例えば、電車に乗って居眠りしている時は、周りの話し声もなんとなく聞こえるし電車の音も聞こえますね。

 

降りる駅に着けばちゃんとアナウンスも聞こえて、降りることもできます。
マッサージを施術してもらっている時もこんな感じですよね。
深いリラックスの中で、今にも眠りそうな状態が催眠状態です。

おさるさんの画像、可愛いでしょう(笑)
催眠状態というのは本当にこんな感じです♪

催眠状態になると、普段閉じている潜在意識(こころの奥の無意識の部分)の扉が開きやすくなっているので、そこから様々な情報を取り出すことができるのです。

自分の意識の中では忘れていても、前世の記憶さえもここ(潜在意識)に存在しているのです。
セッションではセラピストが言葉で誘導して、深いリラックス感を味わいながら催眠状態になっていき、潜在意識にお悩みの答えを見つけにいきます。

【ヒプノセラピー=催眠療法について】

催眠状態では、普段生活している時に働いている顕在意識が休んで、自分では意識できない潜在意識が働く割合が大きくなります。

それにより

想像力、洞察力、記憶力などが増大し、暗示やイメージが潜在意識に入りやすくなり、心理的な問題(=悩み)や心因的な症状を改善することができます。
そして、自分の過去を振り返ったり再体験をすることにより、過去の自分を「認めて」「癒して」「前向きになれる」療法なのです。

セラピストの誘導によって催眠状態に入り、自発的に様々な事柄や記憶を蘇らせ、様々な感情を感じ取る事ができます。
出てくるイメージについて色々質問していきますが、言いたくないことは言わなくても大丈夫です。
ヒプノセラピーは、薬物のような副作用がありません。
意識がなくなることはありません。

※誘導中にたまに寝てしまうかたもいらっしゃいますが、そういう場合は優しく起こしますので、大丈夫ですよ♪(^^ゞ

 

***セッションの流れ***

まずセッション前にカウンセリングをじっくり行ないます。
カウンセリングをしていくうちに、実はご本人が悩んでいること以外が根っこだったということもよくあります。
ですから、テーマはカウンセリングをしているうちに変わることもあります。

 

 

そして、現在、自分が気になることをしぼって【その原因となった過去】というテーマでセッションを行ないます。

カウンセリングのあとは、リクライニングソファに座っていただき、怪しい雰囲気に包まれながら(笑)ゆ~ったりの~んびりとリラックスを深めていき、眠りの世界の寸前まで誘導していきます。

その「眠りにつく寸前」で色々イメージをしていただき、そこからセラピストがお悩みのテーマに沿って質問していきます。

どんな場所にいる感じがするのか
どんな気持ちか
そこでなにをしようとしているのか・・など。

すると、潜在意識の扉が開いているので自分の答えとなるイメージが出てきます。

 

 

【ヒプノセラピーを受けると?】

深いリラックス感を味わうので、まず身体全体がゆるみます。
お顔の表情も柔らかく明るくなります。


前世退行
年齢退行の体験することにより、自分自身への気づきが起こり、これからの自分がやるべきことがわかります。
それにより今の自分がどう生きていくべきか、人生の課題がわかります。

トラウマがある場合は、その原因を見つけ認めることにより現状が楽になります。

辛い幼少期がある場合は、インナーチャイルドを癒すことにより、自分自身が楽になります。

お悩みがある場合は、お悩みの答えを見つけにいくことができます。


それはすべて、自分に対しての最高の癒しとなります。

 

潜在意識にまかせましょう。

悩みの答えは
全部自分の中にあります!

【こんな人におすすめ】

○ 人間関係がうまくいかない
 親との関係性の修正
〇 理由のない不安が消えないかた
〇 自分に自信がない
○ 前向きに生きていきたい
○ 一歩進みたい
 頑張りすぎて疲れた
○ 本来の自分にもどりたい
○ 自分の強みを知りたい 
○ 自分はいかに生きるべきかわからない
○ 自分の前世を見てみたい
○ 癖(依存など)をなおしたい
○ 心のもやもやを消したい

他にもいろいろなケースが緩和されております。

※ヒプノセラピーは医療 に代わるものではありません。
通院されている方はお断りする場合もありますので、ご了承ください。

ヒプノセラピーの療法はいろいろあります。
その方に合ったセッションを組み合わせて行なっていきます。

本当の魂の目的を知って
自由に楽しくポジティブに生きましょう