なぜ「理由がない不安」を感じるの?

これを読んでくださっている皆さんは、どんな幼少期を過ごしましたか?
あなたの家族はどんな人ですか?
考えてみてください。

お父さんは?
お母さんは?どんな人?
兄弟姉妹はどうでしょう?

その家庭で・・・

親の愛情をたくさんもらって育ちましたか?
放任主義で育ちましたか?
言葉の暴力がありましたか?
虐待がありましたか?

 

それぞれ受け止め方はいろいろあると思います。
放任主義だけど、愛情は深かったとか。
その人によって、同じような環境でも受け取り方が違います。

大切なのは

子供が親との関わりをどのように感じ、受け止めていたか

ということ。

 

例えば、保育園でみんなの前で先生に叱られた・・というだけでも、本人にとってはとても大きな心の傷が残ったりします。

 

幼少期に傷ついた事が、何年か経って誤解が解けたとしても、その誤解による傷は癒されません。
無意識の中に抑圧され、本人を苦しめている原因が自然消滅することはないのです。
(本人は表面上の記憶では忘れています)

そして、幼い頃に傷ついた子供の心は、そのまま大人になっても心の奥に潜んでいます。
傷をついた心は、心の奥(潜在意識)に潜んでいますが、ある日ある時、なにかのきっかけで(同じような場面、大勢の前で叱られたというような)その子(インナーチャイルド)がむくむくと顔を出してくる事があります。
その人は、それによってますます自信がなくなり、心の病気になったりします。

本当は

「理由のない不安」

はありえません。

ちゃんと理由はあります。
ただ、自分が記憶を心の奥に閉じ込めているだけです。

それをヒプノセラピーで思い出すことによって、不安が解消されます。

 

心の病で苦しむ人は、ほとんどが過去に苦しい体験をした心の世界に執拗に焦点を当て、そこばかりに心を移し、苦しみを自ら作る傾向があります。

 

もっと別の事や未来の事に意識を向ければ楽なのが、自分ではわからなくなり、わざわざ苦しい方向へ自分を持っていきます。
(もちろん、無意識でそうしているので自覚はありません)

 

また、日常生活の些細なことでも引っかかり、それが尾を引き楽しいことを打ち消してしまうことも・・・。

それらが原因で、

自分に自信がなくなり前に進めない
なにをするにも不安がつきまとう
人の目が必要以上に気になる

など、日常生活に支障をきたすくらいになることがあります。
でも、自分では

なぜ不安なのか
どうして自信が持てなくなったのか
なぜ、人の視線が気になるのか

はわかりません。

ヒプノセラピーでは、まずはこの原因を
自分自身で探り、自分自身で認め、自分自身で癒してあげる
ことができます。

 

「今の自分」の表面に出ているものは、すべて「過去の自分」が作ってきたものだからです。

そして、「今の自分」はすでに「未来の自分」を作り始めているというわけです。

 

 

自分の心の奥(潜在意識)に働きかけるので、自分が精神的に頑張らなくても、何度かヒプノセラピーを受けているうちに自然に気分が楽になっていきます。
(個人差はあります、一回で劇的に良くなる方もいらっしゃいます♪)

 

ヒプノセラピーはこのように

自分では原因がわからない悩み

に対して、とても有効です。
自分の中の答えを見つけて、前向きに生きていってください。

同じ時間を過ごすのなら、悶々と過ごすより笑顔で過ごしたいですよね(o^^o)

ご予約

体験セッションのご案内

【ヒプノセラピーマンガ】
ヒプノセラピーってこんな感じ♪

【アニマルコミュニケーション体験レッスン】
動物とおはなしするのはどんな感じ?