血液型のおはなし~2

診断結果の記述形態を見てみましょう。

例えばA型は几帳面、O型は楽天家のような差はついていますが、その他の多くは一般的な特性を数多く掲げています。

平穏な人間関係を望む
ユニークな発想の持ち主
理想を持っている
感動するのが好き
誠実

などですね。

誰に対して言われたとしても、「自分にあるな・・・」と感じる、もしくは言われたら嬉しく感じますよね?


そしてここが面白いところなのですが、
人は、自分の血液型診断を読んで

「こんな気質がある」

と感じたら、無意識の部分で

「自分はこうあるべき」

と思い込んでしまうところがあるのです。

これを心理学では「自己成就予言」といいます。

「自己暗示」ですよね。

また、誰にでも当てはまりそうな一般的な内容を自分に当てはまる!と感じる心理現象を「バーナム効果」といいます。

例えばA型の気質をB型の人に見せたところ、9割の人が当たっていると回答した実験結果もあります。
(もちろん、誰が読んでも無難な診断文の部分だと思いますが)

今はいろいろな性格診断があります。
占いなどもバーナム効果だったりします。

特に著名な占い師に言われると、その効果は絶大です。

そんな私くしはB型でございます。

私も


マイペース
物事にあまりくよくよ考えすぎない
思い込みが激しい

など読むと「あー、あるある!」と思ってしまいますが

なぜかB型には思い切り好かれます。
気づくとまわりはBだらけです(笑)

そんな私をAB型の主人は呆れ返っています(笑)

性格診断も余興のひとつくらいに思って参考にしてみてもいいと思いますが、あまりそれだけにとらわれず、自分自身の軸をしっかり持って生きていきたいものですね。