言いたいことを上手く伝えるためのポイント!

人は昔、言語をもっていませんでしたよね。
言語がなかった時代は、身振り手振りで意思疎通をはかっていたのでしょう。

【ネイティブアメリカンは言葉がない時代にテレパシーで会話していた】
と聞いたコトがあります。

余談ですが、私の講座でやっている「アニマルランゲージ講座」の中の「アニマルコミュニケーション」もその手法(テレパシー)でやっています。

そのやり方を現代人は忘れてしまっているだけなので、本当は誰でもできるものです。
※テレパシーなんてありえない、そんなのうそだ!と信じ込んでいる人はもちろんできませんが(笑)

 

今、私達が使っている「言語」というものは便利ですが、時に伝わりにくいものだったりします。

普通、自分の伝えたいことを伝えるのに言葉を使いますね。
簡単なことのように思えますが、結構難しいのです。

 

ちなみに人が人と会話しているときに、伝わる言葉(話の内容や言語情報)って何パーセントだと思いますか?

なんと

【7%】

しか伝わらないそうです。

なんだか信じられませんよね?
人はそれほど、会話中に言葉を重視していないのです。

 

そこで、あとの93%が気になりますよね。

それは

声のトーン
口調
声の質
話の速さ

という聴覚情報

38%

 

そして

表情
ボディランゲージ

などの視覚情報

55%

だそうです。
※『メラビアンの法則』

 

海外旅行に行った時を思い出してみてください。

その国の言語がわからなくても、身振り手振りで伝わることがあったでしょう。
それなんですね。

なので、大切な事や重要な事を伝えたい時は

声のトーンに注意しながら、表情やボディランゲージを上手に使うことで、相手に伝わりやすくなりますね。

以前参加したNLPのセミナーでは、実際に隣同士の方といろいろなパターンの会話をロールプレイングしたことがありました。

 

相槌やうなずき、表情などを、入れたパターンと入れない場合など。

自分で体感しましたが、やはり視覚情報は大きかったですね。
ご家族とやってみてくださいね。

何か発見や気づきがあるかもしれませんよ。

そして、営業のお仕事の人はどんな点に注意してコミュニケーションをとればよいかのヒントにしてくださいね~。

 

体験セッションのご案内

【ヒプノセラピー体験セッション】
催眠ってどうなるのかを体験できますよ。

【アニマルコミュニケーション体験セッション】
動物とおはなしするのはどんな感じ?