本当の自分を知る方法

皆さんは自分の事を理解していますか?

「本当の自分」を知りたいと思ったことはありますか?
「本来の自分に戻りたい」と思いますか?

 

思ったのなら、なぜ「本当の自分」がわからないのでしょうか?

今の自分は「本当の自分」ではないのですか?

 

良い人の振りをしている
なにかを我慢している
やりたいことができていない
自分を出し切れていない(出せない)
自分の中で、自分はこんなじゃない!と思う

 

いろいろあると思います。

では、本当の自分を見つけるのはどうすればよいでしょうか?

 

生まれたばかりの赤ちゃんは「本当の自分」を探していると思いますか?
ハイハイしている赤ちゃんが「本当の自分はこんなじゃない!」と思っているでしょうか?

 

では、幼稚園時代、小学生時代、中学生時代、高校生時代、大学生時代、社会人~・・・と続いていきますが、本当の自分ではなくなったのはいつでしょうか?

これなら、なんとなくわかると思います。

うーん・・・小学生の頃は天真爛漫で元気だったから、中学生の頃から自分を隠すようになったかも

などと思い当たるかもしれません。

 

では、なぜ中学生の時に自分を出せなくなったのか?を考えてみましょう。

イジメが原因だったり、友達との友好関係がくずれたのがきっかけだったり、部活でなにかあったのかもしれないし、先生とのやりとりかもしれません。

その原因がわかれば、「当時の傷ついた自分」を癒すことができます。
自分を癒すと、一皮剥けたようにすっきりして本来の自分が出てます。

 

こういう問題はヒプノセラピーがとても得意です。

自分で簡単にできる方法(簡単ヒプノ)をお教えしましょう。
難しく考えずに、次のことを順番にやってみてくださいね。

 

1.リラックスできる静かな環境を整える

2.ヒーリングミュージックなど流す(Youtubeなどでもたくさんありますよ)

3.ゆったりできる場所でくつろぐ。
ソファにもたれかかったりベッドで仰向けでもOK。
(ベッドの場合は眠ってしまわないように気をつけましょう)

4.目を閉じてゆっくり深呼吸(気持ちが落ち着くまで続ける)

5.気持ちが落ち着いてきたら、その思い当たる原因の場面をイメージする。
 ・その時の自分の気持ちはどうか
 ・その時の自分の表情はどんなか
 ・どんなことがあって、自分はどんな風に感じたのか

6.「5」で出てきたイメージは、たいてい良くないイメージだと思いますので、嫌な気持ちになっていると思います。
イメージの中で当時の自分自身と向き合いましょう。
(イメージとしては、今の自分の前にその場面の子供の自分が立っている)

7.子供の自分に話しかけましょう。
寂しかったね、こんなことがあってとっても辛かったね。
今まで忘れていてごめんね、もう大丈夫だよ。

8.そして、子供の自分が話すことをなんでも聞いてあげてください。
今の自分は全部肯定的に聞いてあげること。
(そうだったね、うんうん、そんなこともあったね。いやだったね、辛かったね)

9.その子がお話をして、落ち着いてきたら「もう大丈夫だよ、これからはいつも一緒だからね、いつでもまた会えるからね」と言ってあげてください。

10.今日会えたお礼を言ってお別れしましょう。
深呼吸をして、自分が自分の場所に戻ってくるのを確認して、気持ちが落ち着いたらゆっくり目を開けましょう。

 

実際のヒプノセラピーでは、もっと色んな場面をイメージしてもらい、気持ちを探っていきますが、自分でやる時は上記の方法で充分です。

これだけでも、すっきりすると思います。

そして、本来の自分はどんな自分だったか思い出すでしょう。

ぜひ、やってみてくださいね。

自分自身の潜在意識を使ったヒプノセラピーは、どんな悩み(自分に関しての悩み)でも「今の自分にとって」最高の状態に導いてくれる素晴らしい療法です。

 

自分の悩みの答えは
自分が知っているのです

 

自分でなかなかできないかたは、体験セッションもありますのでお気軽に受けてみてくださいね。

※注意※
今回の記事は「本当の自分が出せない原因はインナーチャイルドにあった」という想定です。

子供時代を思い出す時に、自分自身を出せなくなったのはこの頃だったかも、と思い当たる人向けの内容であり、思い出せない人は違う方法になります。
実際のセッションではその原因が「前世」であったりすることもあります。

体験セッションのご案内

【ヒプノセラピー体験セッション】
催眠ってどうなるのかを体験できますよ。

【アニマルコミュニケーション体験セッション】
動物とおはなしするのはどんな感じ?