ペットロスヒプノセラピー

ペットロスヒプノセラピー

ヒプノセラピー(催眠療法)を使って

亡くなった子(生存している子も)と

アニマルコミュニケーション(お話)ができます。

 

まずは紹介動画をご覧ください・・・

このページを見に来てくださった皆さんは、大切な愛しいしっぽ家族がいるのでしょうか?

もしかしたら、しっぽ家族が亡くしたばかりですか?
または、シニアのしっぽ家族がいますか?

悲しみが続いている状態でしょうか?

いずれにしても「ペットロス」という言葉が気になって見に来てくださったことと思います。

私も子供の頃から何度も小さな動物達を見送り、何度も何度も号泣してきました。

そして小さなしっぽ家族を見送ったあと、どうしてもいつもいつも思ってしまうこと。

「あれでよかったのか?」
「もっと、違う方法があったのではないか?」
「もっと早く〇〇してあげればよかった」

 

という後悔や反省、自責してしまったり。。。

 

そして、こんな状態になっていませんか?

 

  • なにもやる気が起きない
  • あの子がいた場所を見ると涙が出る
  • お骨をいつまでもそばに置いておきたい
  • 悲しんでばかりだとあの子が私を心配して天に上がれないから、悲しんではいけない
  • もうこの手で抱きしめられない寂しさ

とにかく、悲しくてつらくて寂しくて切なくて・・・
色々な気持ちが交差して
自分でもよくわからない状態。

もう一度あの子に会いたい
会って抱きしめたい

そう思いませんか?

ペットと呼ばれる小さな動物達は、いつもいつも飼い主さんにすべてを全面的に任せて生きています。

例えばアニマルコミュニケーションで、治療法を聞いてみると

ママが決めたならそれでいいよ。

と言います。

飼い主さんが、納骨できずにずっとお骨をそばに置いてあって、でもどうすればいいかわからないというときも

ママが気が済むまでそこに持っていてくれていいよ。
でも、僕はもうそこにはいないよ。

というメッセージをくれたりします。

特に動物は人間と違って、生死観がとてもシビアです。

私の経験でも、アニマルコミュニケーションで彼らとお話をするときに、彼らから否定的な言葉を受けることは一度もありません。

 

もう一度、亡くなった愛しい我が子と会ってお話をしてみませんか?

●あの時どうすればよかった?
●また会える?
●ママのところにはなぜ来てくれたの?
●なぜこんなに早く逝っちゃったの?
●どんなに愛していたかを伝えたい
●楽しい時はどんな時だった?
●なにかやってほしいことはある?

聞きたいこと、話したいこと、なんでもお話してください。

ペットロスヒプノセラピー(対面のみ)

所要時間 3時間前後
料金 20,000円

~セッションの流れ~

カウンセリング
ヒプノセラピー(催眠療法)の説明
アニマルコミュニケーションの説明
セッション
セッション後カウンセリング

その子に質問したいことがあったら、リストにしておいてくださいね。

ご予約