現世の妻は、前世の〇〇だった

これは、うちの主人が見た前世です。
この前世で私は主人の妹だったようです。
しかも、小さいうちに亡くなっている・・・。:゚(。ノω\。)゚・。

こんな風に、現世で繋がりがある人が前世でも繋がっていることは多いです。

だからかどうかはわかりませんが、私も主人も戦争映画がめっちゃ苦手です。

戦争はもう嫌です。
二度と繰り返してはいけません。

 

以下、セッション内容の走り書きより。

見えた風景
古い平屋が並んでいる、住宅街、商店街。
時代は戦時中か戦後すぐ、復興の頃か。

原爆の雲を見て悲しい気持ち。

途方にくれている。

10~12歳くらい
男の子、小学生、学生帽を被っている。
名前は「あきら」

戦争で両親が亡くなった。

妹も小学校低学年くらいで亡くなった。(現世の妻)

一人で生きていかなくてはならない、路頭に迷っている
どうやって生きていこう・・・。

 

ある家に引き取られる。

その引き取られた家の夫婦には娘がいた。
その娘とは姉弟のように育った。
それが現世の両親と姉。

20歳・・・
新聞社に勤めている。
仕事で記事を書いているが不本意。
本当のことを書けないジレンマ。
自分が書きたいことを書けなかった。

30歳前後・・・
胃の病気で亡くなる。

この前世を感じて思ったこと・・・
他人からの愛を知った。
現世では自分がやりたいことをやる!
やり残さない。
家族を大切にする。

 

主人はすでに、社会の枠を超えて?(笑)生きている人なので、前世を体験する前から魂が

今生ではやりたいことをやる!

と決めてきたのを覚えていたのでしょうね。

今生の課題を知りたい人は前世を体験すると面白いですよ。

ヒプノセラピーとは

ご予約

ヒプノセラピーってこんな感じ♪

【ヒプノセラピーマンガ】

【アニマルコミュニケーション体験レッスン】
動物とおはなしするのはどんな感じ?