恨み、嫉み、妬みという感情を持つ人へ

人生、生きていれば色々なことが起こりますね。

人の悩みは千差万別・・・、ですが、ほとんど人間関係の場合が多かったりします。

悩みは自分自身のことだと思っているけれど、実はそれまでの人間関係がきっかけで、本来の自分ではなくなってしまっていることが多いのです。

 

うちのセラピールームにいらっしゃるクライアントさんは「親との確執」が原因で、ご本人自身が本来の輝きを失っているケースがとても多いです。

 

そんなかたがヒプノセラピーを受けていくと、親への強い憎しみや恨みが徐々にやわらいできます。

その体験をなかったことにするわけではなく、その体験を自分で受け入れた上で、もうそれに拘らずに受け流すことができるようになるということです。

そして今まで、閉じ込められていた自分自身の本来の性格がようやく出てくるようになります。

そうすると、生きることが本当に楽になってきます。
自分のやりたいことが見つかったり、小さなことにも感謝や幸せを感じるようになります。

 

もちろん、ヒプノセラピーじゃない手法もたくさんあります。

本来の自分を取り戻すことができるのであれば、どんな療法も有効です。

どうか、殻に閉じこもったままにならず

勇気を出して一歩前に踏み出してください。

 

親との確執以外にも人間関係がこじれているケースがあります。

その場合もなにがきっかけでこじれたのか、冷静に考えることもせずに、ただただ相手を恨んだり妬んだりするようになります。

こういうネガティブなエネルギーはとても強いので、相手は寝込んだり病気になったりもします。

しかも、このエネルギーは自分に跳ね返ってきてしまうので、やはりこのようなネガティブな感情を全面的に出すのはお勧めしません。

その感情を出すことにより、自分が前に進めればいいのですが、それはまずありえませんよね。

実は私もこのようなことがありました。

本当に悩みましたが、メールのやりとりは誤解を招くのでやめています。
大切なことは、実際に会って話さないと伝わりません。
相手の目を見て、顔や表情を見て話せば、真実をわかってくれるはずなのですが・・・。

でも、もうお会いすることはないので、相手のかたには光と祝福を毎日送るようにしました。

こんな感じです。

相手のかたに光と祝福を送ります
すべてにおいて良き方向に向かわれますように
心からお祈りします

 

そして、今日この内容を投稿しようとやっと思えたのでした。

人に誤解されたままというのは、本当に辛いものです。
でも、起きたことはもう仕方ないのでこんな方法で相手を癒し浄化する方法を選びました。

 

ところでなぜ

恨み、嫉み、妬み

という感情が出てくるのでしょうか?



それは、

自分を認めて欲しいから・・・

 

だったりします。



なぜ、自分はその人を非難したくなるんだろう?

と考えてみましょう。
そして、その気持ちを冷静に見つめてみましょう。


実は、自分が嫌いなタイプって、自己投影だったりするのです。
だから、自分が人の悪口を言えば言うほど、

「あ~、自分もそういうところがあるから気になるんだな・・・」

ということなんです。


なので人の悪口を言うということは、自分もこんな悪いところが
あるんですよ~と言ってしまっていることになります。

人を非難しようとしたくなったら、まず自分がそういうところが
ないように変わることです。

 

これを読んでくれたすべての人が、すべてにおいて良き方向に向かわれますように。

光と祝福を送ります。

 

ヒプノセラピーってこんな感じ♪

【ヒプノセラピーマンガ】

【アニマルコミュニケーション体験レッスン】
動物とおはなしするのはどんな感じ?